ONE PIECE好きのブログです。EOS9000Dを愛用してます。ONE PIECEのフィギュアやイベント、新日本プロレス、東京タワー、皇居などの写真を撮ってます。

【新日本プロレス】伝説創るイッテンゴ

イッテンゴ東京ドーム

2020年1月4日(土)、1月5日(日)に東京ドームにて開催された『バンドリ!Presents WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』!

 

 

この大会は新日本プロレスで初めての東京ドーム2日開催です。

1月5日も熱い戦いが目白押しでした!

  • ライガー&佐野対高橋ヒロム&リュウ・リーの獣神サンダーライガー引退試合II
  • エル・ファンタズモ&石森太二対SHO&YOHのIWGPジュニアタッグ選手権試合
  • ザック・セイバーJr.対SANADAのブリティッシュヘビー級選手権試合
  • KENTA対後藤 洋央紀のNEVER無差別級選手権試合
  • ジョン・モクスリー対ジュース・ロビンソンのUSヘビー級選手権試合
  • 飯伏幸太対ジェイ・ホワイトのスペシャルシングルマッチ
  • 棚橋弘至対クリス・ジェリコのスペシャルシングルマッチ
  • オカダ・カズチカ対内藤哲也のIWGPインターコンチとIWGPヘビーの2冠戦

 

 

試合以外でも鈴木みのるがジョン・モクスリーに対戦表明をしたり、メイン終了後のデ・ハポンの直前に乱入して、Twitterで賛否両論を巻き起こしているKENTAなど今後の展開が楽しみな出来事もありました。

 

 

僕は両日とも東京ドームで現地観戦組でした!

一眼レフで撮影した写真とともに両日の様子を紹介します!

 

 

写真の整理、編集ができ次第、写真をアップしていきます!

 

使用したカメラについて

カメラ:EOS9000D

レンズ:タムロン TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD(Model A035E) キヤノン用

 

 

カメラの設定について

シャッタースピード:1/500秒

ISO:AUTO

F値:f/6.3

 

 

1月5日(日)13時 東京ドーム到着

10時にホテルをチェックアウトし、13時に東京ドームに着きました。

前日に続いてファンクラブ会員特典を受け取りに行きました。

 

もらったのは卓上カレンダー!

前日はライガー絵馬をもらったので、5日はもう1つの特典の卓上カレンダーをもらいました。

 

 

1月4日(土)16時 座席に着席

第0試合を観るために早めに着席。4日はアリーナAを買いました。リングからは10列目の席でした。

この日の席は花道にも近かったので入場してくる選手をしっかり撮影することができました。

写真を整理したらブログにアップします。

 

 

試合開始!

第0試合 NEVER無差別級6人タッグ選手権試合 ガントレットマッチ

チャンピオンチーム(田口&矢野&真壁)にCHAOS、ロスインゴ、鈴木軍、BULLET CLUB所属のレスラーがガントレットマッチで戦います。

今回のガントレットマッチは2チームで通常の6人タッグマッチを行い、勝ったチームが次のチームと対戦。勝ち残ったチームを勝者とする。出場チームの順番はテーマ曲によって発表というルールでした。NEVER無差別級の試合が第0試合に組まれちゃんですね。

試合はロスインゴの3人がベルトを奪取!

 

 

 

第1試合 60分1本勝負 獣神サンダー・ライガー引退試合Ⅱ

× 獣神サンダーライガー&佐野直喜WITH 藤原 喜明対リュウ・リー&高橋ヒロム 〇

獣神サンダーライガー引退試合

この試合が本当のライガー引退試合。セコンドには藤原組長。ライガーがヒロムを相手にいろんな技を披露。佐野も頑張ってましたが現役バリバリのリュウ・リーとヒロムにはかなわなかったです。最後はヒロムがライガーから3カウント取りました。個人的には鈴木みのるとの試合をここに持ってきて欲しかったです。

 

 

第2試合 60分1本勝負 IWGPジュニアタッグ選手権試合

× エル・ファンタズモ&石森太二対SHO & YOH 〇

スーパージュニアタッグリーグを制したSHO & YOHがファンタズモ、石森組に挑戦。ファンタズモ、石森組は背中を引っかく技などでSHO&YOHをおちょくってましたが、SHO&YOHがベルトを奪取しました。

 

 

第3試合 60分1本勝負 ブリティッシュヘビー級選手権試合

〇 ザック・セイバーJr.対SANADA ×

第3試合はザック対SANADA。この二人の関節の取り合いやフォールの奪い合いは見ごたえがありました。

 

 

第4試合 60分1本勝負 IWGP USヘビー級選手権試合

〇 ジョン・モクスリー対ジュース・ロビンソン ×

前日にランス・アーチャーからベルトを奪ったジョン・モクスリーとIWGPタッグのベルトを奪ったジュース・ロビンソンの試合。

試合はモクスリーの勝利。試合後、「風になれ」がドームに流れ鈴木軍ジャージを着た鈴木みのるが登場、モクスリーにゴッチ式パイルドライバーを決め、ドーム内は大盛りあがりでした。

 

第5試合 60分1本勝負 NEVER無差別級選手権試合

× KENTA対後藤 洋央紀 〇

Twitterでのやりとりや試合後の襲撃などで抗争してきたKENTAと後藤のタイトルマッチ。

後藤がKENTAからNEVER無差別級のベルトを奪取。

 

 

第6試合 60分1本勝負 スペシャルシングルマッチ

〇 ジェイ・ホワイト対飯伏幸太 ×

外道さんのかなりのアシストがありジェイが勝利。飯伏は前日のオカダ戦に続き2連敗となってしまいました。

 

 

第7試合 60分1本勝負 スペシャルシングルマッチ

× 棚橋弘至対クリス・ジェリコ〇

クリス・ジェリコが参戦したからかAEWのジャージをきた外国のファンの方を見かけました。棚橋がジェリコに勝ったら自身の持つAEWのベルトに挑戦させると言っていたので棚橋に勝ってほしかったですが、結果はジェリコの勝利となりました。

 

 

第8試合 60分1本勝負 IWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタル選手権試合

〇内藤哲也対オカダ・カズチカ ×

前日のジェイ戦、飯伏戦にそれぞれ勝利した内藤とオカダが2冠を賭けてメインイベントに登場。会場は内藤への声援のほうが多かった印象。内藤の膝を攻撃したオカダにブーイングが起こってました。終盤も内藤が技を決めるとすごい声援が飛んでいました。

試合は内藤が勝利!デハポンコールできるかと思っていたら、まさかのKENTA乱入!ドーム内はブーイングの嵐が起こりました。

今日、大田区総合体育館で行われたニューイヤーダッシュでも同じような出来事が…!

 

 

まとめ

イッテンゴの席は初めてのロイヤルシートを購入しました。

アリーナAの2倍以上のチケット代でしたが、リングから5列目で座っていた椅子も持って帰れて最高でした!

試合も2日続けて熱い試合ばかりでした!特に内藤、オカダ、飯伏、ジェイ!

2日続けてシングルで大激闘していて、プロレスラーはやっぱりすごい!!

あとはKENTAのヒールっぷりが良いですね。ジェイもKENTAもヒールに徹していてやっぱりプロレスラーはすごい!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。