ONE PIECE好きのブログです。EOS9000Dを愛用してます。ONE PIECEのフィギュアやイベント、新日本プロレス、東京タワー、皇居などの写真を撮ってます。

WEBディレクション検定を受験

このブログの趣旨とは関係ありませんが、自分への備忘録として勉強した方法を書きます。

 




 

 

Webディレクション検定を受けるとことに…

2月に会社から「WEBディレクション検定を取れ」と言われて2019年5月に受験することになりました。

2月、3月は年度末で忙しかったので、全く勉強できず。ゴールデンウィーク中に勉強することにしました。

 

 

Webディレクター試験(2017年改訂問題)とは

https://webken.jp/direction/

 

 

WEBディレクション検定の合格率を調べたところ50%~65%位でした。なんか行けそうな気がする!

2017年度:受験者 377名、合格者 242名、合格率 64.2%

2014年度からの累計:受験者 1732名、合格者  945名、合格率  54.6%

まず、僕のスペックを簡単に紹介しておくと、6年ほどウェブ業界で働いています。

ウェブの基本的な知識はあると思ってます。

 

 

そんな僕がWebディレクション検定の勉強をした方法を簡単にですが紹介します。

 

さて、2019年のゴールデンウィークは10連休。(遠出しないし、やることないよ。)

年明けから平日はずっと忙しかったので、完全に休息に充てて、この期間に勉強して受験に備える計画を立てました。

平成最後の資格の勉強、そして、令和最初の資格の試験を受けることになります。

勉強方法は下記の通り。

 

1、公式テキストを全部読む

1章から読んでいきました。

分かるところや分からないところは読み飛ばしました。

太字になっている見出しやポイントを中心に読んできます。

 

 

2、問題集を解く

まず問題集で1章と2章をやりました。

選択問題なので、サクサク進めていきました。

そして、答え合わせ。50問中36点でした。

本番では8割以上の点数を取れば合格なので、まずまずの成績ですね。

間違えたところを中心に単語や説明をノートに書きました。

 

 

続いて3章~5章 + Webリテラシーまでの問題集をやりました。

そして、答え合わせ。70問中47点でした。微妙…。

1章と2章と同じように間違えたところを中心に単語や説明をノートに書きました。

答え合わせをしていくと、というか問題を解いていく過程で自分の弱点が分かりました。

ここを重点的に勉強すれば良いということが分かりました。

 

 

3、間違えたところを中心に公式テキストを読む

WEBディレクション検定は、6つの章に分かれています。

1章 インターネットビジネス

2章 プロジェクトマネジメント

3章 Webサイトの企画

4章 Webサイトの設計

5章 Webマーケティング

 

 

問題集をやって、僕が間違えた部分が多かったのは、1、Webサイトの設計、2、プロジェクトマネジメント、3、Webマーケティングでした。

問題集での答え合わせと、公式テキストの該当ページを読んで、各章のキーワードが分かりました。

 

 

 

4、問題集を解く

間違えた問題、分からなかったキーワードを復習後、改めて問題集を解きます。

事業ドメイン、情報セキュリティポリシー、品質マネジメントシステム、企業ドメイン、4C、準委任契約、バリデーションテスト、セントラルロケーションテスト、インフォメーションアーキテクスチャ、情報の構造化etc…。

このあたりの問題が不正解でした。インターネットって難しい…。(>_<)

そして、自分の弱点が理解できたところで、3、の間違えたところを中心に公式テキストを読むと4、の問題集を解くを繰り返しました。

 

 

5、まとめ

本番まで約3週間前から勉強を始めて、無事に合格しました。やったー!

公式テキスト、問題集は必須で買った方が良いですね。

受験料と合わせるとなかなかの出費になってしまいますが、自己投資と考えれば高くはないのではないでしょうか。

以上、この記事がこれからWEBディレクション検定を受ける方の役に立てばうれしいです。(^^)/